田舎者ですが。。。なにか

はじめまして!

自他共認める田舎者ですが、そもそも田舎というのは、あった方がいいのか、どうなのかって思います。都会に住んでいると、田舎がある人が羨ましがられるというのは、あるかもしれません。とはいえ、それは思うに夏休みとか年末年始ではないでしょうか?

都会から、どこかの田舎に行くという行為に対して、行先があり、泊まれる場所があるということに羨望サれている気がします。ですから、日常のなかでは田舎は、バカにされる対象になるんですよね。とくに若いうちは。。。さすがに社会人になり、それも中高年にでもなれば、そういったことをいちいち価値基準の判断ざいりょうにするようなことは、ないでしょうが。

まぁ、でも、田舎者は田舎に住んでいる、すなわち、生まれ育った街に住んでいるのが、いちばん経済的にいいのかもしれません。

家賃かからないし、食費もかからないですからね。仕事で得たお金は自分で使えますからね。

これが田舎から都会にでてくると、家賃、光熱費、食費などすべて自分でやりくりしなくちゃいけません。

この時点で貯蓄や投資額に大きな差が出ると思います。

と、思いませんか?