石垣島は人にやさしい島

子どもの頃から内向的でインドアだった私は、30歳を機にこれではいけないと思い立ち、仕事を辞めて長期の一人旅をしてみることにしました。人と触れ合えるよう、あえてゲストハウスやユースホステルを選び九州を横断し終わるころには、複数の旅仲間ができていました。その仲間の一人から石垣島へ行くと聞き、なんとなく良さそうなところだな・・ぐらいの軽い気持ちで、私も石垣島へ行ってみることにしました。

石垣島でレンタカーを借りていました。

特に前情報も持たずに行ってしまいましたが、石垣島にはドミトリーやゲストハウスがたくさんあり、宿泊先に困ることは全くありませんでした。市街地にあるユーグレナモールには飲食店や商店が数多くあり、お店を見て回るだけで、あっという間に時間が過ぎていました。一人旅行だった私は、宿で自炊をするため、石垣市公設市場でよく買い出しをしていました。地元ならではの食材が並んでいて、店先では元気なおばさまたちが気さくに声をかけてくれました。石垣島には旅人が多いこと、穏やかな気候と日本離れした自然に魅かれ移住する人も多いこと、「あなたはいつ引っ越してくるの?」と人懐こい笑顔で話しかけられ、あんなにインドアだった私がその時は本当に移住してもいいかなと思ったほどです。気づけば2か月以上が過ぎ、資金も底を突き始め、私の一人旅は終わりを迎えることになりました。石垣島で過ごした時間は、とても楽しく充実していましたが、それは石垣島で出会った人たちの、人を迎え人を見送る穏やかなやさしさがあってこそだったと思っています。石垣島は美しくやさしい島。今でも石垣島はわたしにとって特別な場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です