資格試験は受けないけど、役に立った本

資格試験に忙しくても受かる人といつも落ちる人の勉強法と言う本を、読みました。

社会人が資格試験を受けるという視点で書かれた内容ですが、これは何か目標を立てて、それをどう効率よく達成するかということには、当てはまると思います。

中身は、心構え、マネジメント、生活習慣、勉強法の4つの章からなっていて、とくに心構え、マネジメントについては、ビジネスにも十分に応用できると思います。

個人的には、マネジメントについての目標達成には、計測マニアであるという部分は、時間管理といういそがしい社会人にとっては、どうやって自分の時間を捻出したらいいのかという悩みを解決する上で役立つと思います。

とにかく自分が行動することを全部時間を測るのです。そうすることで、タスクを終える時間の目安がわかってきます。すると今度はスキマ時間を上手に使えるようになるんです。つまり、待ち合わせで10分前に着いたら、その間には~ができるといった具合にです。

これがつもっていけば、大きなことができるし、1日のうちでも、よりたくさんのことができるわけです。

なので、この時間を計測するというのは、非常にいい方法だと思います。時間に対する意識も変わりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です